おまとめローンを契約する際の注意点など

おまとめローンというのは、読んで字のごとく複数の金融業者からの借り入れを一本にまとめてしまうローンのことです。複数の金融業者から借り入れをしていると、月に何度も返済日がやってきますので、返済の手間がかかるだけでなく、その精神的な負担も相当あります。

しかし、一社からの借り入れにまとめてしまうことができれば、返済日も月に一回だけになりますので、かなり楽になります。また、一般的に借り入れ金額が大きくなるほど適用される金利が低くなる仕組みになっていますので、借り入れ金を一つにまとめて元金を大きくすることによって、金利が下がることになります。

金利が下がれば総支払い額が減りますので、借金の完済がグッと現実的なものになってくるというメリットがあります。

このように書くと、まるでメリットしかないローンであるかのようですが、もちろんデメリットも存在します。最大のデメリットは追加融資を一切受けることができなくなってしまう点です。ただし、それは消費者金融など、貸金業者のおまとめローンを利用した場合に限られます。

貸金業者で借金を一本化した場合には、それ以降は返済のみの取り扱いとなりますので、急な出費があったとしても追加融資を受けることができなくなってしまいます。

住宅ローンとキャッシングは繋がっている

夢のマイホームを一括で購入できる方は、非常に少ないと思います。ほとんどの方がローンを組んで購入することになりますし、だからこそ住宅ローンに関することは知っておかなくてはなりません。

しかし、キャッシングを利用すると住宅ローンに影響する。そのような噂を聞いたことはないでしょうか。実はその噂は、あながち間違いでもないのです。

そうは言っても、キャッシングを利用したから住宅ローンを利用することはできません、ということではありません。キャッシングを利用しただけでは住宅ローンを利用できなくなるようなことはありませんし、その点は心配ありません。

しかし、ある条件において、住宅ローンにも影響を及ぼすのです。

その状況というのは、キャッシングの返済を延滞してしまった場合です。キャッシングの延滞をするとその情報は残ってしまい、その残された情報が住宅ローンを購入する時に影響してくるのです。そのため、将来のことまで考えてキャッシングを利用しなくてはなりません。

住宅ローンとキャッシングは、ある条件によっては繋がってくることを覚えておきましょう。キャッシングの延滞をしないこと、これさえ忘れなければそう困ることもないはずです。

キャッシングを有利に進めるために必要なこと

キャッシングを利用するにあたって、有利に話を進めていく必要があります。キャッシングの利用者は、多くの場合で交渉の権限を持っているわけではありませんから、必然的に不利になるのですが、この部分を有利にする方法があります。それは自分だけの信用を利用しないという方法です。

例えば自分という存在の利用価値はそれほど高くない場合でも、第三者、配偶者などの信用を利用することができれば、信用度は一気に高まることとなります。特に親がいる場合には親を利用することができますので、例えば働き始めて日が浅い方が、何らかの形でローンを組もうと思ったときに、親に頼ることができます。

他にも配偶者がいることによって、二人分の信用が生まれるわけですから、それによってもまた高い信用度を得られるため、より容易に高額な借り入れができるということになります。

信用度を高めることによってキャッシングはより自分に有利になりますので、これからキャッシングを検討している方は、自分の信用度を客観的に評価するようにすればいいでしょう。特に現在、信用については多くの方が困っているので、そうした方は自分一人でどうかしようというのではなく、状況に応じて相談などをすることが大切となります。